時計一括査定イメージ写真

一括査定の始まりと広がり

このページでは一括査定がどのように誕生したのか、またその広まりについてお話していきましょう。 もともと一括査定というキーワードは時計ではあまり使われず、保険見積もりなどで一般的でした。

保険の一括査定とは、WEBサイトに被保険者の情報を入力することで、各種保険の見積もりを複数取り寄せる仕組みです。 保険の金額を算出するには、基本的にはデータだけあればよいので、WEBとの親和性が高いことが発展の理由です。

その後、引っ越し見積もり一括査定、車買取一括査定、バイク買取一括査定といった、買取系サービスの一括査定が登場します。 引っ越しや車、バイクの一括査定の特徴は、WEBサイトから登録した情報が、一括査定参加企業にそのまま渡されるという点です。

ビジネスモデルとしては、一括査定サービス提供企業が、一件あたりいくらで情報を斡旋するという仕組みで、これもWEB らしい仕組みです。ところが、この方法だと、ユーザーの個人情報が複数者にばらまかれることになり、後の電話対応や業者 からの問い合わせ対応が結構大変でした。

時計の一括査定は、中古の高級時計は精密機械なので、状態をみないと正確な値段を算出できない、ということから始まっています。 複数の買取業者が競い合って査定すれば、買取金額は高くなりますが、それをユーザーがいちいち自分でやるのはとても手間がかかります。

そこで、時計を特定の場所に集めて、そこに業者が定期的に査定に伺うようにすれば、正確な査定をたくさん簡単に行うことができるように なるという仕組みです。
時計の一括査定にも、保険や車などのように情報だけをやりとりする方法もありますが、結局現物をみてみないことにはおおよその買取価格しか提示できないために あまり利用者がいないようです。

更新情報・お知らせ

最近、生活において不要な物を捨てるのではなく買取をしてもらう機会が増えましたね。買取のお店もたくさん増えていますが、一括査定という便利なシステムもいろいろな分野でできています。それらをまとめて解説してみます。

その他